healthy and beautiful faces

乳房を再生させる

乳房再建を行う目的とは

乳房再建とは、乳がん治療で失われた乳房の形態を元の形に復元する施術のことです。近頃では、乳がんにかかる女性は増えているので、乳房再建施術を利用する女性は多くいます。 そもそも女性が乳房を失うと、精神や体に色々な影響を及ぼします。たとえば、乳房がないので温泉に行けない、人前で服を着替えられないなどの悩みが生じます。また、乳房を失うことで、女性として失格なのではないかと感じる方も多くいます。これではせっかく乳がんを克服しても、人生を楽しむことができません。 ですが、乳房再建施術を受けることで、乳がんを発症する前の胸の形を取り戻すことができます。よって、乳房再建は普通の生活を取り戻したい、人生をより楽しく生きたいという方の支えになります。

病院で行われる施術方法

病院で行われる乳房再建の施術方法には、大きく分けて二つに分かれます。その二つとは、人工乳房による再建と自家組織による再建です。 まず、人工乳房による再建方法は、乳がんの手術の時の傷から人工乳房を入れて胸を再建する方法です。この施術方法は体の他の部分に傷をつけることがないので、術後の痛みも少なく回復も早いのが特徴です。よって、普通の生活に早く戻ることができます。 次に、自家組織による再建方法は、患者自身の身体の皮下脂肪の豊富な部分を胸に移植する方法です。たとえば、太ももやお腹から脂肪を移植します。この施術方法は、自分の組織を使うので感染の心配もありません。また、自分の脂肪なので自然で柔らかい乳房になります。

このエントリーをはてなブックマークに追加